「嫁の家出」中得一美著

公開日: 更新日:

 品の夫・三左衛門は、北町奉行所吟味方与力。娘は既に嫁ぎ、あとは三左衛門が隠居して、息子の新之助が家督を継ぐのを待つばかりだが、三左衛門には一向にその気がない。品の夢は夫婦で江の島へ旅することだが、堅物の三左衛門は仕事を理由に取り合ってくれない。暇を持て余した新之助は、町医者の榕庵に出入りし、怪しい薬づくりに余念がなく、品は苛立ちを募らせるばかり。さらに、三左衛門から夜な夜な夜のお勤めを求められ、品はへきえき。

 友人の入れ知恵で妾の雪野を雇うが、品の企みに気づいた三左衛門に反撃され、2人の仲はますますこんがらがってしまう。意を決した品は、ひとりで江の島へ旅に出る。

 すれ違い中年武家夫婦を描く痛快時代小説。

(実業之日本社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る

人気キーワード