「蝦夷太平記 十三の海鳴り」安部龍太郎著

公開日: 更新日:

 蝦夷管領、安藤又三郎季長の三男、新九郎季兼は、船で出羽に向かった。出羽で反乱が起き、異母兄の季治が殺されたため、父に鎮圧を命じられたのだ。能代館の役人は出羽アイヌと交易を行っていたが、役人が無体なことを押しつけたため、一揆が起きたという。

 十三湊を北条得宗家から預かる季長のいとこ、季久が新九郎を出迎え、日本と朝鮮半島、大陸を描いた地図を見せた。新九郎は初めて地図を見て、自分が命がけで往復している十三湊と若狭の距離が、地図では「たったこれだけ」の距離でしかないことを知った。やがて新九郎は一揆の首謀者が季久であることに気づく。鎌倉末期に奥州でアイヌと力を合わせて生きる道を切り開く武士を描く時代小説。

(集英社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る