北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

公開日: 更新日:

「比ぶ者なき」に続く古代史小説だ。前作を未読の方も安心して読まれたい。私自身も前作の存在を知らず(すみません)、本書を読んであわてて前作に遡った。

 いやあ、面白い。馳星周初の時代小説が古代史小説とは驚くが、中身もすごいからびっくりの2乗。著者、渾身の新境地である。

 まず、背景がぶっ飛びものだ。日本書紀は藤原不比等が捏造したものだというのである。これは大山誠一の学説をもとにしたものだが、何のために捏造したのかというと、そこに不比等の野望がある。ちなみに聖徳太子も実在の人でなく、不比等の捏造だったというのだが、それも同じ道筋で理解される。

 前作「比ぶ者なき」は、藤原不比等の縦横無尽の活躍を描いたが、本書「四神の旗」は、不比等の死後、その息子たちの権謀術数を描いていく。

 偉大な父が成し遂げられなかった夢の実現を目指す長男の武智麻呂。兄に逆らってでも律令を守ろうとする次男の房前。唐にならって理想の国造りを目標にする三男の宇合。そして醜い政治の世界に馴染めない四男の麻呂。この4人が描きわけられているのがまずいいが、脇を固める人物も多士済々。中でも、情もないが私心もないという四兄弟の政敵、長屋王の造形がいい。人の機微に無頓着であるだけでなく、自分は間違ったことはしていないという確信がありすぎるのが、のちの悲劇につながっていく。馳星周の傑作だ。

(中央公論新社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

人気キーワード