「ヨコハマメリー」中村高寛著

公開日: 更新日:

 かつて横浜の街に出没する有名な老女がいた。歌舞伎役者のような白塗りメークに、全身真っ白な装いの彼女は、人々から「メリーさん」と呼ばれる街娼だった。いつしか街から消えた彼女の生涯を追うドキュメンタリー映画「ヨコハマメリー」の監督が、その撮影の舞台裏をつづったルポ。

 きっかけはテレクラだった。1997年、駆け出しの助監督だった著者はテレクラで会話した見ず知らずの女性とメリーさんの話題で盛り上がる。

 以来、彼女のことが気になり、メリーさんが暮らしていた伊勢佐木町で手当たり次第に話を聞くと、やはり誰もが彼女のことを知っていた。交流があった人々を一人一人訪ね歩き、話を聞く中、郷里にいるという彼女の所在が分かり、会いに行く。

(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  9. 9

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る

人気キーワード