「女たちの本能寺」楠戸義昭著

公開日: 更新日:

「本能寺の変」によって運命が激変した信長と光秀の一族の女性たちにスポットライトを当てた歴史読み物。

 信長の正室の濃姫は、小説やドラマでは本能寺で明智勢に果敢に挑む姿が描かれている。しかし、一次史料にはそうした記録はなく、変が起きた天正10年には既に死んでいたようだと指摘する。

 一方、光秀の正室・煕子も変の6年前に死んでいたことを示す墓があり、光秀の死の直後に坂本城と運命を共にしたという「明智軍記」の記述と矛盾する。そうした正室の謎に始まり、いとこ同士だった光秀と濃姫、信長が寵愛(ちょうあい)した光秀の妹・御妻木、さらに江戸時代に大奥に君臨した春日局と光秀の関係まで。

 明らかになった新真実を盛り込みながら、信長・光秀ゆかりの7人の女性たちの実像を描き、本能寺の変の本質に迫る。

(祥伝社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る

人気キーワード