「草笛物語」葉室麟著

公開日: 更新日:

 羽根藩の江戸中屋敷で生まれ育った13歳の颯太は、2年前から小姓として藩主の世継ぎで同い年の鍋千代に仕える。気弱で周囲からは「泣き虫颯太」と呼ばれているが、鍋千代は正直者の颯太を重用する。

 しかし、はやり病で相次いで両親を亡くした颯太は、伯父で藩校教授の岳堂に預けられることになり、国元に帰国。颯太は、藩内で世継ぎを巡って、「鵙(もず)」と呼ばれる中老の戸田順右衛門と、藩主の座を狙う御一門衆の三浦左近の派閥争いが起きていることを耳にする。

 世子の小姓だった颯太が、争いに巻き込まれることを危惧した岳堂は、颯太を友人の薬草園の番人・庄三郎に託す。1年後、藩主が急逝し、家督を継いだ鍋千代が国元に戻ってきた。

 羽根藩を舞台にした人気時代シリーズ第5弾。

(祥伝社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る

人気キーワード