「天を灼(や)く」あさのあつこ著

公開日: 更新日:

 夜、伊吹藤士郎は雨でぬかるんだ山道を急ぐ。伊吹家は代々、天羽藩の大組組頭を務めてきた家柄で、父の斗十郎は執政入りも確実視されていたが、20日前に大目付の配下に捕らえられてしまった。不安な日々を過ごしていた伊吹家に、その日、城からの使者が来て、斗十郎は市中一の豪商と結託して私腹を肥やし、藩の財政を損耗させた罪で切腹、伊吹家は屋敷を没収、家人は領内所払いを命じられたのだ。

 父の潔白を信じ、煩悶する藤士郎の前に斗十郎の言付けを持ってきたという若者・柘植が現れる。斗十郎の愛用する佩刀(はいとう)を持参して、明朝までに「能戸の沢」と呼ばれる山の牢屋敷に会いに来てほしいというのだ。

 元服を目前に控えた藤士郎を主人公にした青春時代小説3部作の第1弾。

(祥伝社 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る

人気キーワード