「医者が教える 疲れない人の脳」有田秀穂著

公開日: 更新日:

 十分な休息を取っているのに疲れが取れない。しかし、病院を受診しても体に明確な異常は認められない。そんな悩みがある人は、疲労の原因が体にではなく、脳にある可能性が高いと、脳生理学者の著者は言う。

 脳の疲労は、大脳を酷使し続けることで発生するという。大脳は人の認知機能を担う器官だが、パソコンやスマホなどのデジタル機器を長時間使い続けると、過度の興奮状態に陥り疲労がたまる。やがて頭がボーッとしてきて、認知機能が低下してしまうのだ。

 このような状態になれば、眠ってひと休みしようとするだろう。しかし、認知機能を担う大脳は覚醒中枢と結びついているため、興奮状態になっていると覚醒レベルも上がって脳全体が休息モードに切り替わらなくなってしまう。すると、眠ろうとしても眠れない、あるいは眠ったつもりでも脳が休めていない状態が続き、疲れも取れず、やる気も起こらず、体も活発に動かなくなる。やがて、頭痛や動悸、めまいなどの不定愁訴が続くようになり、本格的な睡眠障害やうつ症状までも引き起こしかねないのだ。

 脳を疲れさせないためにはどうすればよいのか。その鍵を握るのが、セロトニンだ。脳内物質のひとつで、感情や睡眠など人間の大切な機能を健全な状態にする重要な役割を果たす。本書では、毎朝決まった時間に起きる、朝日を浴びる、朝食は必ず取ってしっかり噛むなど、セロトニンを脳全体に分泌させるセロトニン神経を活性化させる生活習慣を伝授している。

 ほかにも、ストレスから脳を守るオキシトシン、快眠へと導くメラトニンなどの脳内物質についても解説。疲れを癒やしたいなら、まずは脳のケアから始めよう。

(三笠書房 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

  2. 2
    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

    香取慎吾はケジメで結婚したが…中高年「事実婚」のメリット&デメリットを専門家が解説

  3. 3
    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

    大谷翔平の値段は“青天井”に…ナ・リーグDH制導入なら23年FAで「400億円争奪戦」の声

  4. 4
    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

    三浦春馬さん出演作“再放送祭り”にファン歓喜!「コンフィデンスマンJP」金髪姿をもう一度

  5. 5
    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

    アベノマスク“首謀者”の元官邸官僚が「政策キーパーソン」にシレッと復権

もっと見る

  1. 6
    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

    藤原紀香“バス旅”番組で株を上げ…絶妙な良妻アピールに「さすが」の声

  2. 7
    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

    鷲見玲奈こそ一番の「勝ち組」じゃないか イケメン操縦士との新婚生活“切り売り”に商機アリ

  3. 8
    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

    オミクロン株感染急増に潜む「子どもの重症化」リスク 学校や保育園でクラスター続出

  4. 9
    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

    米男性を襲った悲劇…自宅までわずか200mの場所で凍死

  5. 10
    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約

    <126>逮捕されたら無効に…? 早貴被告が弁護士と結んでいた仰天契約

人気キーワード