「放っておくとこわい症状大全」秋津壽男著

公開日: 更新日:

 もう少し早く病気に気づいていれば、もっと簡単に治せたのに、命が助かったのに……。そんなことにならないために、絶対に見逃してはいけない体からの44のSOSサインを紹介する本書。

 総合内科専門医である著者自身、そのような事例を数多く目の当たりにしてきたという。例えば、最近疲れが取れないと受診してきた40代のサラリーマンは、まぶたをひっくり返してみたところ真っ白だった。これは明らかな貧血の症状だが、40代以降の男性に貧血症状がある場合、体内のどこかで出血を起こしている可能性が高い。詳細な検査をしてみると、初期の胃がんが発見されたそうだが、もしも「たかが疲れ」「たかが貧血」と放置していたら、手遅れになっていた可能性もあるのだ。

 以前と比べて頻尿になったが、トイレに行ってもあまり尿が出ない。このような症状の原因としては、膀胱がんも考えられる。膀胱に腫瘍ができてスペースが狭くなっているか、膀胱の壁に沿ってがんが広がり、膀胱が硬くなり伸びなくなっているケースがあるそうだ。トイレに行って、1度に10秒以上尿が出る場合は問題のない可能性が高いが、それが2、3秒で止まり何度も繰り返すようなら、膀胱がんを疑うべきと本書。

 妻のウエストにくびれがなくなり、貫禄たっぷりの腹になってきたとき、中年太りかと嘆く前に卵巣のう腫の心配をした方がよい。正常なら親指ほどの大きさしかない卵巣が、小玉スイカほどに膨れ上がっている可能性がある。卵巣のう腫の9割は良性だが、閉経後にがん化する恐れも指摘されているのだ。

 左肩の急激な痛みやまぶたが下がるなど、突然死の前触れのサインも解説。決して見逃してはいけない。

(ダイヤモンド社 1250円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード