「若さは心臓から築く」天野篤著

公開日: 更新日:

 2012年2月に、上皇陛下(当時の天皇陛下)の心臓手術の執刀医を務めた著者。本書は、弊紙で14年から連載している「心臓病はここまで治せる」が原典となっており、心臓のトラブルや治療法、心臓を守る生活習慣などを解説している。

 健康診断で実年齢よりも動脈硬化が進んでいると指摘されても、自覚症状がないため放置してしまう人も少なくないだろう。しかし、狭心症や心筋梗塞の大きな原因になるため、しっかりと対策を取らなければならない。著者は、まず悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロール値の管理が重要だと言う。

 LDLが血液中で過剰になると、ストレスや喫煙、高血圧などで傷ついた動脈の内皮細胞に付着。活性酸素によって酸化LDLとなり、コブ状に盛り上がった粥腫が動脈内を狭くして動脈硬化を悪化させる。さらに、粥腫が崩れるとそれを防ごうと血小板が集まって血栓をつくり、血流をストップさせてしまう。LDLが高いということは、体内に“火種”があることと同じで、この火種が大動脈の中で悪さをすれば大動脈解離となり、冠動脈であれば急性心筋梗塞を起こすことになるのだ。

 LDLがトラブルを起こすのは、後期高齢者(75歳以上)に差し掛かるタイミング。平均寿命が70代手前の時代や地域であればいいが、人生100年時代といわれる日本では、LDLが高い状態を放置してはいけないのだ。

 本書では、見逃し厳禁の心臓病のサインも紹介。おならが臭い人、夜間のみ頻尿になる人、両腕で血圧を測り収縮期血圧(上の血圧)の左右差が10㎜/Hg以上ある人などは、心臓病を招きやすいと警告している。健康長寿を目指すなら、まずは心臓のケアだ。

(講談社ビーシー 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る

人気キーワード