「捨て猫のプリンアラモード」麻宮ゆり子著

公開日: 更新日:

 昭和37年、2年後にオリンピックを控えた東京で、17歳の畠山郷子は、集団就職した工場から逃げ出した。あまりにひどい職場だったからだ。人事担当者と工場長の追跡をかわし、黒いワンピースの女にリヤカーに隠してもらって、洋食屋に逃げ込む。

 翌日、料理長が作ってくれたカレーに恐る恐る口をつけて「美味しいです!」と声をあげた。それまで、硬くて青くさいニンジンやざりざりした歯触りのタマネギが入った寮の食堂のカレーしか食べたことがなかったのだ。郷子は自分を助けてくれた淑子の店で働きたいと頼み込む。

 肉汁たっぷりのハンバーグや、バターの効いた海老グラタンなど、浅草の「洋食バー高野」で少女が出合った、おいしい食べものをめぐる物語。

(角川春樹事務所 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  5. 5

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード