「初夏の訪問者」吉永南央著

公開日: 更新日:

 杉浦草は和食器とコーヒー豆を商う小蔵屋を営んでいる。自宅に常連客が訪れる約束になっていたので急いで帰ると、靴跡があるのに誰もいない。そこにやってきた石井と話していると、近所の主婦が、来たのは男の人だったと言った。数日経ってもそれらしい客は来ない。

 ある日、店の向こうのマンションの入り口で草たちを見ているヒゲの男がいた。以前、老女が自転車に荷物を載せるのを手伝った親切な男だった。別の日に、ヒゲの男が店に入ってきた。いつかの靴跡はこの男のものだと草は確信する。男は、米沢の村岡良一だと名乗った。それはずっと昔、水路に落ちて3歳で死んだ、草の息子の名前だった。

 小さな町のコーヒー屋をめぐる物語。

(文藝春秋 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る

人気キーワード