「特別講義『ひきこもり大学』」ひきこもり大学出版チーム編

公開日: 更新日:

「ひきこもり」が絡む事件の多発化が目立ち、あたかも彼らがモンスターかのように感じている人も少なくない。しかし実際は、いじめに遭いながらも必死に生きる中で社会に出るエネルギーを使い果たした、親の言葉の暴力から逃げるためひきこもったなど、今の世の中の「生きづらさ」をまともに受け止めてしまっている人たちが大多数である。

 現在、ライフスタイリストとして活躍する乃浬子さんは、家に居場所がなくひきこもることができなかった「外こもり」を経験。スタイリストとして活躍するも「自己評価の低さ」に苦しみ、渡米し12年間を過ごした。やがて乃浬子さんは「生きづらさ」の原点は家族との関係にあることに思い至る――。

 本書はひきこもった本人が講師役になり、親や支援者に向け、自分の経験や知恵を授業する「ひきこもり大学」の活動を9つの講座にまとめたもので、生の声や親への具体的なアドバイスなどが紹介されている。何かとネガティブに捉えられがちだが、ひきこもったからこそ気づいた「幸せの基盤は自尊心」「家族がそれぞれの人生を受け取っていくことの大切さ」などのメッセージは、読者の生きるヒントになるかもしれない。

(潮出版社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  2. 2

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  3. 3

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  4. 4

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  5. 5

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  6. 6

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  7. 7

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    東京五輪開催で「コロナに打ち勝つ」はつじつまが合わない

  10. 10

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

もっと見る

人気キーワード