「妻たちのプロレス 男と女の場外バトル」ターザン山本・福留崇広著

公開日: 更新日:

 新聞記者として選手が織りなすドラマを丹念に取材してきた福留崇広氏と、元週刊プロレス編集長のターザン山本氏がタッグを組んで、妻から見たプロレスラーの姿に肉薄した異色のプロレス本。取り上げているのは、国民的人気を誇った力道山や、ケガや病気と闘い続ける高山善廣、ミスター・デンジャーの異名を持つ葛西純、ハワイと絵を愛し続けたジャイアント馬場など6人のプロレスラーの妻。出会いから結婚生活まで、リング外で繰り広げられる男女のバトルと支え合いを描いている。

 藤波辰爾の妻・伽織さんの章では、長州力との遺恨劇が興行の看板に据えられて以来、家庭の空気が変わったことや、新日本を離れニューヨークでファイトマネーを稼いだ日々、新日本からの復帰要請、長州力との思いがけない絆など、活躍の裏舞台が語られる。あとがきでは、試合後に笑顔で語らうファンの姿を見て、伽織さんが「主人はなんて素晴らしい仕事をしているんだろう」と思ったというエピソードが添えられている。

 プロレスラーの妻から見えるプロレスラーの姿と、それぞれのパートナーシップの形が興味深い。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る

人気キーワード