「スター」朝井リョウ著

公開日: 更新日:

 主人公は、ぴあフィルムフェスティバルでグランプリを受賞した立原尚吾(たちはら・しょうご)と大土井紘(おおどい・こう)。2人とも大学3年生で、2人で1つの作品を監督するという話題性もある映画での受賞だったこともあり、世間から大いに注目を浴びた。

 大学卒業後、尚吾は憧れの名監督・鐘ケ江誠人が所属する映像制作会社に入社し、紘は就職せず友人から頼まれたユーチューブの映像制作を始める。尚吾は、監督補助の仕事をしつつ細部にこだわった脚本を練っていたが、修業期間が今後短縮されそうなことに加えて、紘が撮影している動画が50万回以上視聴されている人気動画になったことを知り、衝撃を受ける……。

桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞してデビューし、「何者」で第148回直木賞、「世界地図の下書き」で第29回坪田譲治文学賞を受賞するなど、快進撃を見せる著者の最新作。高品質な作品を作る環境にありながら収益が尻すぼみになっていく業界に身を置く尚吾と、スピードが要求され質の担保が難しい世界に身を投じた紘の姿から、今の時代に生きる表現者が直面するリアルな問題が見えてくる。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る

人気キーワード