「投票権をわれらに」アリ・バーマン著 秋元由紀訳

公開日: 更新日:

 1965年3月、米アラバマ州セルマで投票権獲得を求める平和的デモ行進と州警察とが激しく衝突した「血の日曜日」事件のあと、投票権法が成立した。1870年に採択された、人種による投票権の制限を禁じた憲法修正第15条の約束がようやく果たされたのだ。これにより、南部全域で有権者登録の際の識字テストや、黒人の選挙人登録を制限することができなくなり、その後数十年の間で、黒人有権者の登録率は31%から73%に。しかし、50年経った今、その権利が骨抜きにされようとしている――。

 本書は、65年の投票権法成立以降、マイノリティーに投票させないための狡猾な手口の歴史を通して、「民主主義国家・法治国家」アメリカの実相を描いたノンフィクション。

 選挙区で黒人が過半数を超えないように操作、期日前投票期間の短縮、投票所で10時間も待たせるなどその妨害は数えきれない。こうした措置は2008年にオバマを勝利に押し上げた黒人やヒスパニック、貧困層ら「勢力ある連合」に不利になるようにできていた。

 国民の権利であるはずの投票権が操作され、選挙に大きな影響を与えただろうことに驚愕する。

(白水社 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

人気キーワード