「投票権をわれらに」アリ・バーマン著 秋元由紀訳

公開日: 更新日:

 1965年3月、米アラバマ州セルマで投票権獲得を求める平和的デモ行進と州警察とが激しく衝突した「血の日曜日」事件のあと、投票権法が成立した。1870年に採択された、人種による投票権の制限を禁じた憲法修正第15条の約束がようやく果たされたのだ。これにより、南部全域で有権者登録の際の識字テストや、黒人の選挙人登録を制限することができなくなり、その後数十年の間で、黒人有権者の登録率は31%から73%に。しかし、50年経った今、その権利が骨抜きにされようとしている――。

 本書は、65年の投票権法成立以降、マイノリティーに投票させないための狡猾な手口の歴史を通して、「民主主義国家・法治国家」アメリカの実相を描いたノンフィクション。

 選挙区で黒人が過半数を超えないように操作、期日前投票期間の短縮、投票所で10時間も待たせるなどその妨害は数えきれない。こうした措置は2008年にオバマを勝利に押し上げた黒人やヒスパニック、貧困層ら「勢力ある連合」に不利になるようにできていた。

 国民の権利であるはずの投票権が操作され、選挙に大きな影響を与えただろうことに驚愕する。

(白水社 3800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード