「孔丘」宮城谷昌光著

公開日: 更新日:

 孔丘(孔子)は、娘ばかりの家にようやく生まれた息子だった。母は息子を産むだけのために60歳すぎの孔紇に嫁いだのだ。父は魯国内の勇者として知られていたが、母は武勇を激しく憎んでいた。

 孔丘がまだ10歳にもならない頃、博識の貴人として知られる延陵の季子が長男を失った、という噂を聞き、どのような葬礼を行うのか見たいと思った。

 その地は徒歩で行くには遠過ぎたので、母が馬車を頼んでくれた。埋葬は凶礼なのに吉礼のやり方をするのを見て、孔丘は戸惑った。

 十数年後、季子は長男の魂が骨と肉から解放されて自由に動けるようになったことを祝ったのだと、孔丘は悟った。

 儒教の始祖、孔丘を人間として描く。

(文藝春秋 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る

人気キーワード