北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「一橋桐子(76)の犯罪日記」原田ひ香著

公開日: 更新日:

 一橋桐子は、わずかの年金と清掃のパートで細々と暮らしている。貯金はない。身寄りもない。一人暮らしの76歳だ。これではいつか孤独死するのは目に見えている。そういうときにテレビで刑務所のドキュメントを見た。「刑務所はもちろん、住むところを提供してくれますし、食べ物もあります。お風呂もちゃんと入れますし、医師もいます。お正月にはおせち料理も出るんです」とアナウンサーが言っているのを見て、これだ、と一橋桐子は思う。「寝たきりになったら介護もしてくれますし」というのがダメ押し。

 問題は、どうやったら刑務所に入ることができるかだ。人に迷惑はかけたくない。しかし微罪ではすぐに釈放されてしまうだろう。長く刑務所に入りたいのだ。人に迷惑はかけたくないのだ。その両方を満たす犯罪はあるだろうか。というわけで、一橋桐子76歳の「理想の犯罪探し」が始まっていく。

 貯金なし、身寄りもなしの、一人暮らしの老人にとって、寝たきりになったらどうするのか、というのは大きな問題である。高齢者の再犯率が高くなっている、一度刑務所から出てきてもすぐにまた犯罪を起こして塀の中に舞い戻る高齢者が増えている――と小説中に出てくるが、これもそういう現実を反映しているのかもしれない。

 はたして一橋桐子76歳は、理想の犯罪を見つけることができるのか。気になる方は本書を読まれたい。 (徳間書店 1650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード