「空気が支配する国」物江潤著

公開日: 更新日:

 コロナ禍によって、さらに重苦しくなった日本を覆う「空気」の存在。その空気の正体に迫りながら、現代社会の特徴を明らかにする日本人論。

 かつて「日本人は日本教(空気を唯一の教義とする宗教)の信者」と主張した小室直樹氏や山本七平氏など、先人の著作を読み解く。その上で、空気とは曖昧な掟で、日本では諸外国のような明確な掟が少ないゆえに、仕方なく何が正しいのか探ることを「空気を読む」と定義。「同調圧力」は掟に生じる命令だと説く。

 空気が生まれる過程や、戦争や原発事故で国家・国民を支配した空気の危険性、さらにコロナ騒動で垣間見えた空気に翻弄される政治など。さまざまな視点から空気によって右往左往する日本の姿を描き出し、空気との向き合い方を考える。

(新潮社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る

人気キーワード