「先祖返りの国へ」エンゾ・早川、エバレット・ブラウン著

公開日: 更新日:

 ブラウンは19歳でインドに行ったとき、日本の寺で座禅会に参加して「日本の身体感覚」に出合い、関心をもった。2017年、箱根旧道の石畳の道を歩くのに適した履物を探していて、エンゾ・早川が作っていた足半(あしなか)を知る。足半は土踏まずまでしかなく、指やかかとがはみ出してしまう小さいわらじで、今では使っているのは長良川の鵜匠くらいだ。指がはみ出しているため、足指のセンサーが敏感になり、危ないときは自然に足が引っ込む。つま先から着地し、足裏全体で衝撃を吸収する。話題になったマラソンの大迫選手の「フォアフット走法」は、実は〈靴以前〉の日本人の走り方に先祖返りしただけではないのか。

 対談で日本人の身体文化について語る。

(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード