「パンデミックの文明論」ヤマザキマリ、中野信子著

公開日: 更新日:

 人気漫画家と脳科学者が、コロナ禍に右往左往する世界を俯瞰(ふかん)しながら論じる対談集。

 イタリア人の夫を持つヤマザキ氏は、コロナで感染症に対するイタリア人と日本人との違いが明らかになったと話す。イタリアでは最初の感染者が出てからわずか1週間でPCR検査数が2万件以上も行われた。イタリア人は不安を覚えたらすぐに払拭したいという傾向にあるからだという。

 中野氏によるとそれは日本人とドーパミンの動態が違うからだそうだ。ヨーロッパ人がマスクに拒否反応を示す理由や、世界が疑問を抱く日本の緩い規制で死者数や感染者数が抑えられた背景、そしてコロナ対策によって明らかになった各国の「本性」など。縦横無尽の話題で展開する文明論。

(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る

人気キーワード