「Exit」相場英雄著

公開日: 更新日:

 20××年秋、池内貴弘は入社半年で社の看板誌「月刊言論構想」の記者に抜擢された。編集長に依頼された経済記事のネタ元がないと悩む池内に、吉祥寺に住む叔母から電話があった。池内の仙台の高校の後輩、千葉朱美が、叔母の家の裏の土地にマンションを建てるという話を持ちかけたのだ。

 仙台の地銀勤務の千葉が置いていった可能融資額の説明書に、手書きで「想定利回り約10%」と書いてあった。フリーの経済ジャーナリスト、河田雄二に、千葉の勤務先が仙台あけぼの銀行だと言うと、「日本の危機を体現している企業だ。それ、絶対に取材しろ」と言う。ところが、千葉がビルから落下して死んだ。

 未曽有の危機に直面する日本の財政の実態に迫る経済小説。

 (日経BP 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード