「終わりの歌が聴こえる」本城雅人著

公開日: 更新日:

 捜査1課の伴奏(ばんかなで)は、沖縄県警から派遣された渡真利(とまり)猛警部補の調べを手伝うように命じられた。

 19年前、カリスマ的な人気があったロックバンド、メアリーのギタリスト、鈴村竜之介が泥酔して風呂で溺死した事件があった。事故死として処理されたが、殺人事件として再捜査されることが決まったのだ。

 被疑者はメアリーのボーカルを務めていた木宮保。当時、鈴村が死んだホテルに勤務していた男が、木宮に脱出ルートとしてホテルの地下通路を教えたと供述したのだ。さらに、ドラッグ常用者とみられた鈴村がコカインを吸っていなかったことも判明する。

「天才ギタリスト」の死をめぐる人間ドラマ。

(幻冬舎 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る

人気キーワード