「応仁悪童伝」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 殺人のぬれぎぬを着せられて逃げてきたお輪と一若の姉弟は、村人たちに追われて離れ離れになってしまった。なんとか逃げ延びた一若は、堺の慈済寺に逃げ込み、中稚児となった。この寺は中稚児に能や連歌などの芸事を教え込み、諸国を放浪する芸人に育てている。素質がないと下稚児となり、僧侶たちの慰みものにされる。

 同い年の熒(けい)は高貴な家の生まれで、高僧の世話をする上稚児だったが、父に見捨てられ、稚児潅頂(かんじょう)を受けることに。妖しい美貌の持ち主である熒を犯そうとした僧侶を短刀で刺殺し、一若と2人で逃げ出すが……。

 己の知恵や美貌を武器に乱世を生き抜く2人の少年を描く。

(角川春樹事務所 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード