「父を撃った12の銃弾」ハンナ・ティンティ著 松本剛史訳

公開日: 更新日:

 12歳の少女、ルーは、父と2人であちこちを転々として生きてきたが、亡き母、リリーの故郷に行くことになった。祖母の家のドアを叩くと、ゴーグルをかけた年配の女が出てきてルーと目が合ったが、ドアをばたんと閉めた。

 次の日、2人は海辺の古い屋敷を買ってそこに住むことになった。ルーが入学した中学の校長はリリーが好きだったと言った。父は漁師をして生計を立てたが、捕った魚介を校長に直接売っていることが知れると、よそ者嫌いの漁師から文句が出た。父の体には銃弾でできた12の傷があったが、最初の傷はニューブレトンの豪華な別荘に盗みに入ったときのものだった。

 ドラマチックなサスペンス小説。

(文藝春秋 2420円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード