「オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン」サムエル・ビョルク著、中谷友紀子訳

公開日: 更新日:

 北欧ミステリーの特徴のひとつに、陰惨な事件を背景に個性的な警察官が活躍する警察小説というのがある。ノルウェーのオスロ警察が舞台の本書もまさにこのパターンに当てはまる、王道の北欧ミステリーだ。

【あらすじ】オスロ郊外の森で木からぶら下がる6歳の少女の遺体が発見された。人形の衣装を模したドレスにスクールバッグを背負い、首には「ひとり旅をしています(アイム・トラベリング・アローン)」と書かれたタグがつけられていた。なんとも不可解な事件で、オスロ警察のミッケルソン本部長は、急きょ殺人捜査課特別班のホールゲル・ムンクを呼び戻すことにした。ムンクは、2年前に部下のミア・クリューゲルがある事件で容疑者を射殺したことの責任を取らされ地方へ左遷させられていたのだ。当のミアはある孤島に引きこもり、10年前に亡くなった姉を追って自らの生を終わらせようとしていた。

 ムンクの復帰の誘いを最初はかたくなに拒否していたミアだが、少女の左手の小指の爪に数字の「1」が刻まれている写真を見て、もしや連続殺人の予告か、と眠っていた刑事の魂が呼び起こされる。ミアはムンクのチームに加わるが、予想通り、同じように幼女が吊るされた第2の殺人が発覚する──。

【読みどころ】少女の教科書に残された謎の言葉、鷲のタトゥーの男、青と茶の瞳を持つ女性、謎の宗教団体……事件は多くの謎をはらみながらさらなる連続殺人へと発展していく。有効な手がかりを求めようと奮闘するムンクとミアのチームをあざ笑うかのように狡猾(こうかつ)な犯人は警察を翻弄する。いくつもの視点を小刻みに切り替えながらも、最後まで緊張感を持続させていく手腕は、脚本家でもある著者ならでは。

 <石>

(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾