データ野球の現在

公開日: 更新日:

「野球データ革命」森本崚太著

 近年のデータ野球の発達はめざましい。かつて「上から叩く」が常識のホームラン打撃術をひっくり返した「フライボール革命」もデータ野球のたまものだ。



 スポーツのデータ分析を手がける会社が日本でも続々と生まれているが、著者は中日ドラゴンズの選手サポートなどで実績のある「ネクストベース」社のアナリスト。本書は野球のデータ分析を、日米プロ野球を例に具体的に解説する。

 昔なら「キレのいいストレート」「落差のあるフォーク」と主観的な言い方だったのが「フォーシームのホップ成分がメジャーリーグ(MLB)の平均と比べて何センチ上回っているか」「フォークはフォーシームと比べて何センチ落ちているか」といった数値で客観的に示されるようになったのだ。「上から叩く」が基本といわれたバッティングがフライを打ち上げる「フライボール革命」で大きく変わったのもこの影響。数値をまとめたグラフや図表を多用し、見かけはまるで物理の教科書といったところだろう。

 しかしこれが面白い。テレビの野球解説番組でも選手やボールの動作を解析する「スタットキャスト」の映像が増えたこともあって、数値主体の解説がすんなりアタマに入ってくるのだ。MLBの公式球が滑りやすく、ピッチャーは指先で押さえ込もうとするためジャイロ回転が多くなるなどの事実が、大谷翔平やダルビッシュ有らの活躍と相まって面白く感じられる。データ野球は観客の感性をも変えたのだ。

(竹書房 1980円)

「アメリカン・ベースボール革命」ベン・リンドバーグ、トラビス・ソーチック著 岩崎晋也訳

 アメリカ野球を根底から変えた技術として注目なのが「セイバーメトリクス」。メトリクスは「指標」を意味する接尾語。セイバーはアメリカ野球学会の略称。もともとは年俸が安いわりに活躍している選手を探し出すという目的でオンラインの野球ゲームで使われたものだったという。それがいまやアメリカ野球にとって科学的・合理的にプレーするための統計学的な指標になっているというわけだ。

 本書はその手法を貪欲に吸収しようとするMLBの現場を追った力作ルポ。データ分析の導入で「才能は生まれつきのものだという昔ながらの信念は覆されつつある」という。またデータ野球は選手間の実力差をなくしてつまらなくするという批判は間違いだ、と主張する。

 セイバーメトリクスが映画「マネーボール」に描かれたことでGMによるチーム編成は変化し、ボールの動きを高精度に分析するスタットキャストの導入で「フライボール革命」が起こり、大谷翔平のバッティングスタイルも劇的に変わったのだ。

(化学同人 3520円)

「砂まみれの名将」加藤弘士著

 データ野球の元祖といえばこの人、故・野村克也。華やかなONに対して地味だったパ・リーグの月見草を自称し、直観と体験至上主義だった日本の野球を大きく変えた功労者だ。

 しかし、派手な言動で世間を騒がせた妻サッチーの脱税騒ぎで阪神の監督を辞任した際は、チームの成績不振と相まって、誰もが「ノムさんは終わりだ」と思った。そこに手を差し伸べたのが長年交友のあったカラオケチェーン、シダックスの会長。自社の野球部の監督にと野村を招請したのだ。

 プロ一筋でやってきた野村はアマチュア野球とは無縁。しかし「野村克也引く野球はゼロ」が口癖の知将は、アマチュア指導者として生き生きとした姿を見せるようになる。プロ時代とは打って変わった粗末な練習環境でも愚痴ひとつこぼすことなく、アマチュアながらも一癖ある選手たちを懇々と諭し、声をかけ、やがてプロに進む人材や少年野球、高校や大学野球の指導者にまで成長させてゆく。

 希代の名将と仰がれながらも注目されることの少なかったアマチュア時代の業績に焦点を当て、入念な取材で読ませる快著。

 野村流データ野球の本質は「人を見る目」にあったことがわかる。

(新潮社 1650円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質