実業家と離婚後にリウマチに襲われた叶和貴子

公開日:  更新日:

<1991年2月>

 和服の似合う美人として艶(あで)やかな演技で名を馳せた叶和貴子。和服美女役や日本酒のCMのほかに、ドラマの宇宙刑事シリーズでヒロインを演じるなど幅広く活躍し、人気となった。私生活ではプロ野球選手や俳優、医師らとの交際がウワサされ、“恋多き女”とも呼ばれたが、結婚相手に選んだのは六本木でライブハウスを経営する実業家だった。

 実業家とは叶のデビュー以前、79年ごろからの付き合いだったが、当初は叶がライブハウスに遊びに行く程度で、実業家自身、「叶はオレの妹分」というような関係だったという。ところが、知り合って7年目、86年秋に実業家が「お互い40歳と30歳、今年、縁談がなければ結婚しようか」と何げなく言ったことをきっかけに、急速に距離が縮まり、叶は結婚相手として「彼の顔がフッと浮かぶ」ようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る