すでに15年…俳優・天宮良が役作りからハマったトライアスロン

公開日: 更新日:

「撮影の1カ月前はスケジュールをまるまる空けて、バイクを50キロ乗ったあと2キロ泳いだり、ウエートトレーニングをして、それなりに見える体づくりはしました。でも、いきなりレースに参加するのは無理。そこで撮影は、出場者のバイクやラン、ゴールの近くでちょこっと参加させていただいたシーンや、大会後に有志の方々に残っていただき1週間ぐらいかけて行いました。映画は翌年、宮古島で試写会をしてから全国公開という予定だったので、自分も1年間、一生懸命トレーニングをして大会に参加してみたいな、と思ったのがトライアスロンを始めたきっかけです」

 その翌年、98年4月19日。第14回大会に出場した天宮さんは見事、合計約200キロを完走した。
「スイムの3キロは意外と平気でしたね。ウエットスーツを着てますし、大勢で泳ぐと“水の流れ”みたいなのができるんですよ。バイクも練習で都内から軽井沢まで(片道約150キロ)走ってたので、何とか。やっぱりつらかったのはランの後半。フルマラソンなんて走ったことなかったですから、最後の7~8キロが苦しくって……。終わったら体はボロボロ。肉体的な疲労は3週間ぐらい引きずりましたねぇ。特に階段の下り。膝が結構痛んでますから。あと、ビールの味も翌日にならないと分からなかったです、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る