脂ノリノリ椎名桔平に引けを取らなかった塚本高史の存在感

公開日: 更新日:

 先週23日に放送された土曜ワイド劇場特別企画「冤罪死刑」(テレビ朝日)では、通信社記者を熱演した主役の椎名桔平ばかりが評価されているが、後輩記者役の塚本高史(31)も決して悪くなかった。

 それもそのはずで、塚本は15歳で役者デビューと、すでにキャリア16年の“ベテラン”だ。

「椎名とは映画『アウトレイジ』(北野武監督)でも共演しています。塚本はすぐに殺されるチンピラ役でしたが、いずれも主役級の俳優陣の中でそれなりに存在感を出していました。これまでドラマ『木更津キャッツアイ』など宮藤官九郎脚本作品に数多く出演し、茶髪のアンチャンという印象が強かったんですが、30代になって落ち着きが加わり、演技にも深みが感じられるようになってきましたね」(映画ライター)

 塚本は、来年1月から始まるNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にも出演するなど、“実力派”のキャリアを着々と積んでいる。そう考えると、アウトレイジは、なかなかすごい映画だ。出演者の多くがその後“幸運”に恵まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る