脂ノリノリ椎名桔平に引けを取らなかった塚本高史の存在感

公開日:  更新日:

 先週23日に放送された土曜ワイド劇場特別企画「冤罪死刑」(テレビ朝日)では、通信社記者を熱演した主役の椎名桔平ばかりが評価されているが、後輩記者役の塚本高史(31)も決して悪くなかった。

 それもそのはずで、塚本は15歳で役者デビューと、すでにキャリア16年の“ベテラン”だ。

「椎名とは映画『アウトレイジ』(北野武監督)でも共演しています。塚本はすぐに殺されるチンピラ役でしたが、いずれも主役級の俳優陣の中でそれなりに存在感を出していました。これまでドラマ『木更津キャッツアイ』など宮藤官九郎脚本作品に数多く出演し、茶髪のアンチャンという印象が強かったんですが、30代になって落ち着きが加わり、演技にも深みが感じられるようになってきましたね」(映画ライター)

 塚本は、来年1月から始まるNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にも出演するなど、“実力派”のキャリアを着々と積んでいる。そう考えると、アウトレイジは、なかなかすごい映画だ。出演者の多くがその後“幸運”に恵まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る