日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

豪華キャストも裏目に? 関根勤「初監督映画」のリスク要因

 大御所タレントの関根勤(60)が映画「騒音 Noise(仮)」で監督に初挑戦する。

 15日都内で開いた会見には主演の温水洋一ほか、村松利史、酒井敏也と共に登場。
「映画監督は30年くらい前からの夢。クエンティン・タランティーノが『ワンダフル!』とつぶやいて、世界中でヒットすれば」などと意気込んでいた。

■タモリ、さんま、小堺一機が主演

 地底人と戦うオヤジたちの想定外の活躍を描いたSFコメディーらしいが、何がすごいってキャスティングがすごい。

 タモリに明石家さんまに小堺一機、YOU、実娘の関根麻里、同じ事務所のキャイ~ンなど、「他の監督では絶対できない」と関根が自画自賛するほどの豪華メンバーがずらり。なのだが、それが足を引っ張る恐れがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事