日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

花柳流“お家騒動”激化 新年総会で起きた「門前払い」事件

 全国2万人の門弟を持つ日本舞踊の最大流派「花柳流」で、熾烈(しれつ)な継承者争いが激化している。28日、渦中の「花柳流 花柳会」が新年総会を開いた。

 事の発端は02年9月に遡る。3代目家元・花柳若葉氏(享年72)が後見人のひとり、花柳壽楽氏(享年88)の孫・花柳貴彦氏(38)を4代目として指名。貴彦氏は5歳で初舞台、16歳で名取となっている。一般社会への道を選択し、清水建設に入社するも、指名を受けたため03年に退社。3代目・若葉氏から「家元教育」を受けていたという。

 その後、壽楽氏は亡くなるが、一周忌の08年1月に4代目の襲名を正式発表することに。ところが、07年5月に若葉氏も急逝。すると、同年6月28日、若葉氏の本葬で、もうひとりの後見人・花柳壽輔氏(82)が関係者に「自分が4代目に就任した」という趣旨の内容を発表したという。さらに、7月にはマスコミに4代目就任と孫の芳次郎氏(21)の5代目就任を発表。昨年9月には貴彦氏やその支持者である名取に「除名検討通知」を送付したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事