• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元伊首相の次女が主導 ミラン“お家騒動”は本田に「追い風」

 ついに「ミランのお家騒動」に終止符が打たれる。ベルルスコーニ会長(元イタリア首相)の次女バルバラ(29)が画策する「強化責任者のガリアーニCEO(69)放逐計画」が、ようやく実を結ぼうとしているのだ。

 ベルルスコーニの大番頭ガリアーニCEOは86年に就任以来、欧州王者5回、セリエA優勝8回を誇り、移籍を手掛けた7選手が欧州MVPを獲得。強大なミラン帝国を築き上げてきた。

 しかし、近年は使いモノにならない移籍選手が多く、ガリアーニ主導の前近代的クラブ経営にも不満が集中。11年春にミランの持ち株会社フィニンベスト役員、ミラン取締役に就任したバルバラが異を唱え、ガリアーニとは犬猿の仲となった。

「ガリアーニはセリエAフィオレンティーナ、ジェノアなど老舗クラブの幹部とズブズブの関係にあり、選手を売り買いする際に移籍金の一部を懐に入れていると噂されていた。こうした移籍にまつわる不透明なカネに我慢出来ないバルバラは『大物選手を買い漁るだけ』とガリアーニの手腕を徹底的に批判した」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る