元伊首相の次女が主導 ミラン“お家騒動”は本田に「追い風」

公開日: 更新日:

 ついに「ミランのお家騒動」に終止符が打たれる。ベルルスコーニ会長(元イタリア首相)の次女バルバラ(29)が画策する「強化責任者のガリアーニCEO(69)放逐計画」が、ようやく実を結ぼうとしているのだ。

 ベルルスコーニの大番頭ガリアーニCEOは86年に就任以来、欧州王者5回、セリエA優勝8回を誇り、移籍を手掛けた7選手が欧州MVPを獲得。強大なミラン帝国を築き上げてきた。

 しかし、近年は使いモノにならない移籍選手が多く、ガリアーニ主導の前近代的クラブ経営にも不満が集中。11年春にミランの持ち株会社フィニンベスト役員、ミラン取締役に就任したバルバラが異を唱え、ガリアーニとは犬猿の仲となった。

「ガリアーニはセリエAフィオレンティーナ、ジェノアなど老舗クラブの幹部とズブズブの関係にあり、選手を売り買いする際に移籍金の一部を懐に入れていると噂されていた。こうした移籍にまつわる不透明なカネに我慢出来ないバルバラは『大物選手を買い漁るだけ』とガリアーニの手腕を徹底的に批判した」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る