キラーコンテンツ「最高の離婚」をダメにしたフジの突貫工事

公開日: 更新日:

「楽しみにしていただけにガッカリです。<え?これで終わり?>という感じ。肩透かし感がハンパなかった。連続ドラマのイメージが残ったままだったので、本当に失望しましたね」
 コラムニストの桧山珠美氏がこう言った。

 2組のアラサー夫婦を通して、いまどきの結婚や家族をコメディータッチで描いた「最高の離婚」の「Special 2014」が8日に放送された。昨年1~3月に放送され、ギャラクシー賞や日本民間放送連盟賞などで数々の賞を受賞した連続ドラマのスペシャル版。注目度は高く、視聴率も13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずだったが…。

「連ドラでは、瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛の4人の掛け合いが面白かったのに、今回はさっぱり。セリフの妙が感じられなかったし、ストーリー展開も盛り上がりに欠けた。じっくりと練り上げられる前に突貫工事でやっつけたのでしょう。それほど完成度は低かった。不振のフジテレビからすれば、視聴率が稼げる数少ない作品。視聴者に忘れられないうちに新作を放送すれば、次も数字を稼げるという計算でしょう。ただ、出演者のスケジュールを満足に押さえられなかったのではないか。それで、比較的時間に余裕があった瑛太ひとりの場面が多くなったのだと思います。ラストも、手紙の語りに合わせた瑛太のシーン。まるで『北の国から』の純で、エンディングの4人のダンスも瑛太だけ新バージョンを追加していた。急ごしらえだったのは明らかです」(桧山珠美氏)

 年末年始はあまりの低視聴率で話題になったフジテレビ。負のスパイラルから抜け出す日は遠い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る