• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元アイドルレスラー大向美智子が語る山口での“玉の輿”生活

 ダンナはビジュアル系ロックバンドの元ボーカリストで、山口県屈指のアパレル企業「エムラ」の創業者一族の御曹司。現在は子会社の専務に就いている。

「コロッケさんのお嬢さんのMADOKAさんのご紹介がきっかけで出会いました。身長180センチ。それまでだと交際相手によってはワタシの方が背が高くて気疲れすることもあったけど、彼はそんな必要もない。あと、メジャーデビューしてたとはいえ、ブレークしたってわけじゃなく、2人っきりで堂々とデートできたのも距離感を縮めましたね」

 結婚を機にダンナは音楽活動から身を引き、家業に専念。山口県内各地のシティーホテルで「エムラ」単独のイベントを開催するなど、若手のヤリ手実業家として評判らしい。つまり、彼女は玉の輿ということだ。

「いえいえ、深いお付き合いをするまで、実家がそんなだなんて全然知らなかったんですよ。むしろ、交際中はパパよりもワタシの方が圧倒的に収入が多かったから、よくご飯をごちそうしてあげてました、フフフ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事