日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大江麻理子アナがうなされる「カエルの悪夢」は吉夢か凶夢か

 1年間のニューヨーク勤務を終えたテレビ東京の大江麻理子アナ(35)が、「ワールドビジネスサテライト(WBS)」のメーンキャスターになって1週間が過ぎた。

 初回(3月31日)の平均視聴率は4.4%だったが、先週末の4日には6.4%に上昇した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「16年も続いた前任の小谷真生子時代には、3%前後まで低迷していた。それを考えたら十分合格点でしょう。局内では、〈さすが麻理子サマ!〉という声も上がっています」(同局関係者)

 とはいえ、WBSは同局の看板番組だ。大江アナは、今後も気を抜けない。プレッシャーたるや相当なものらしく、先月27日に行われたWBSの25周年パーティーで、大江アナは「毎晩、悪夢を見るようになりました」などとスピーチしていたという。何でも、玄関のドアを開けると、カエルが一面にいる悪夢だったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事