「自分で考えろ!」もNG…新人にこれをやったら“ダメ先輩”

公開日:  更新日:

 4月。職場に新人たちがやってくる。言うまでもないが、彼らは先輩たちを興味津々で観察している。頼りになりそうな先輩はだれか、苦手なタイプはだれか――。1~2カ月もすれば独自に「できる上司」か「ダメ先輩」かの評価を決めてしまう。いきなり「×(ペケ)先輩」とみられるのは避けたい。彼らのシビアなチェック目線の向かう先は――。

■「自分で考えろ!」

 仕事中、新人たちはさまざまな疑問にぶつかる。
「どうしたらいいですか?」

 こう質問されたとき、絶対に口にしてはいけないフレーズがある。
「“そんなことも分からないのか”とか“自分で考えろッ”などと、切れたり突き放すような態度を取ってはいけません。今年の新入社員たちは、ゆとり世代のど真ん中で“教えてもらうこと”に慣れています。頭ごなしに怒鳴るのは嫌われるだけ。『本当は自分も知らないんじゃないの?』と思われることもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る