日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「キカイダー REBOOT」で話題再燃 “元祖”主人公は今

「41年ぶりのキカイダーだから、気合が入りました」

 土曜日の夜8時、ドリフターズの「8時だョ!全員集合」(TBS系)が圧倒的な人気を誇っていた70年代前半。それに対抗しようとNET(現テレビ朝日)が同時間に放映したのが特撮ドラマ「人造人間キカイダー」だ。そこで主人公のジローを演じた伴大介さんは今どうしているのか。

「先週24日に公開された映画『キカイダー REBOOT』に謎の心理学者、前野究治郎役で出てます。41年ぶりのキカイダーですから、気合が入りました。究治郎は旧・ジローってわけです、ハハハ」

 新宿にあるホテルの喫茶室で会った伴さん、こういって笑った。

「NHK大河の『龍馬伝』や前進座劇場の舞台に出たりして、『キカイダー』のことはほとんど忘れてたんですけどね。それが去年12月、突然、有楽町の東映本社に呼ばれ、“製作が決まりました。必ずキャスティングします”といわれた。青天の霹靂(へきれき)とはまさにこのこと。椅子から転げ落ちるほどビックリしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事