好調テレ東の象徴 カルト的人気「孤独のグルメ」が再登板

公開日:  更新日:

 14年3月期の決算で過去最高益を記録と、絶好調のテレビ東京を象徴するドラマが7月期に帰ってくる。松重豊主演「孤独のグルメ」のことで、12年の放送開始から今回で「シーズン4」という人気シリーズだ。

 ストーリーはいたって単純。松重演じる主人公の個人貿易商、井之頭五郎が、仕事で訪れた街で気になる店を見つけ、毎回ひとりでメシを食う。ドラマに出てくる店は実在しているが、グルメ雑誌に載るような有名店でもないし、ド派手な演出もない。ひたすらうまそうに食うだけなのだが、なぜかちょっと笑えるし、引き込まれる。

「B級グルメなのに、そそられてしまう個性的な店選び、松重の食いっぷりのよさも手伝って、深夜枠の放送にもかかわらず根強い人気がある。店は制作スタッフが自ら足で探すようですが、ドラマに登場した翌週から行列ができ、人気になりすぎて昼の営業をしばらくやめたなんて店もあったほど。すべての店を食べて回ることを、熱心なファンの間では『聖地巡礼』とかいうそうです」(放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る