いまや名脇役 ムロツヨシの転機呼んだ大御所への“売り込み”

公開日:  更新日:

「ずっとドッキリだと思っていました」――。7日、深田恭子(32)と共に「ケロッグ 飲む朝食フルーツグラノラ」の新CM発表会に登場した俳優のムロツヨシ(39)。

「私事ですが、役者を目指して20年、初めてのCMでございます!」と興奮気味に語ると、「(撮影で)深田さんが来てもソックリさんかと思ったし、きょうもクライアントさんの偉い人が挨拶に来ても『役者さんじゃないだろうか』と思った」と言って会場を沸かせていた。

 この日の会見のように、ひょうひょうとしながらもコミカルな姿が印象的なムロだが、生い立ちは複雑だ。3歳のときに両親が離婚。中学生のときには父親が新しい母と異母兄弟を連れてムロと祖父母の暮らすアパートの隣室に住み始めるという境遇で育つも、「面白い家だなと客観的に見られる自分もいる」とも。

 その後は1浪ながら東京理科大学理学部数学科に合格したものの、入学してわずか1カ月で退学。俳優養成所卒業後も事務所に所属できず、フリーで自らが脚本・演出も手掛ける劇団を立ち上げたが鳴かず飛ばず。完全に行き詰まった25歳のころ、バイトをやめて1年間で8本の舞台に出演すると、そのうちの2本を「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督(49)が見ていたことで転機が訪れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る