テレ朝批判は誤解 三村マサカズに「ツイートやめて」の大合唱

公開日: 更新日:

 4日には、<これ以上嫌いになりたくないからTwitter辞めて>というフォロワーのコメントを受けて、「そんなんいわれたらやめようかな」と休止宣言した三村だが、「やめるのやめた!こんにちは!」と半日で撤回。“辞めて”発言をしたフォロワーのアカウントには、一部ファンから多数の批判が寄せられ、コメント欄ではファンが罵り合いをする事態となった。

 過去にも、お笑いコンビ「品川庄司」の2人や「次長課長」の河本準一(40)、「南海キャンディーズ」山里亮太(37)、渡辺直美(27)など、一般人との衝突や炎上を理由にツイッターを辞めた芸能人は少なくない。一方、400万人ものフォロワーを持つ有吉弘行(40)や田村淳(41)のように、SNSでの発信をうまく活用しているケースもあり、向き不向きがあるのだろう。

 釈明ツイートの中で、「文章って難しいなぁ」「これからは伝わる文章を目指します」と神妙につぶやいた三村だが、これを機にツイッターから引退した方がいいのではないかと心配してしまうのは、余計なお世話だろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る