NHK紅白復帰に執念…演歌枠は小林幸子ら三つ巴バトルか

公開日: 更新日:

 15日には、ネパール大地震緊急支援チャリティーイベント「コクーン・リーディング『紙芝居』 雨にも負けず、風にも負けず~心に残る名作三物語~」の製作記者発表会に出席。

 市原悦子(79)や観月ありさ(38)、久本雅美(56)といった錚々たる面々が名を連ねる舞台に“歌手代表枠”で参加するという。この日は、チャリティーの舞台衣装は豪華か? と質問が向けられたが、「フツーでございます!」と満面の笑みで否定。紅白出場へ色気とやる気を感じさせるのであった。

 そんな小林の前に立ちはだかる強力なライバル2人――今年は、都はるみ(67)と八代亜紀(64)の紅白返り咲きが有力視されているという。

 芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「八代と都の2人は歌声で聞かせるより衣装で見せてきた小林より、歌唱力ははるかに上。2人とも実力こそあれど、大手事務所所属の歌手の裏で苦汁をなめてきた。八代は今年デビュー45周年を迎え、都とジョイントコンサートを開くなど、精力的に活動している。紅白復活を狙う女性演歌歌手は“三つ巴”状態。現状は八代&都コンビの方が有利といえるでしょう」

 今月3日に新曲「色々あるけど会いたいよ」をリリースした小林だが、直近のオリコンシングルランキング(6月15日付)では151位と、お世辞にも売れているとは言い難い。出場歌手が決定する今秋までに“爪痕”を残せるか。数少ない演歌枠を巡って女の戦いが始まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る