出演予定も命懸け…「8月中席」は桂歌丸“ラスト高座”の噂

公開日: 更新日:

 先月14日から体調不良で再入院している落語家の桂歌丸(78)。体重36キロという驚異の激ヤセぶりで、小6男児の平均体重38.4キロ(14年度文科省学校保健統計調査)よりも軽い。ここ3年で6度目の入院となれば、ファンならずとも心配になる。

 一部では退院のめどは立っておらず、今月中の仕事復帰は白紙、8月開催の国立演芸場での高座も中止になると報じられたが、「国立の8月中席には出演するでしょう。病床の歌丸師匠も“あたしは命を削ってでも国立に立つ”などと息巻いているとか。それもこれも、8月の国立は師匠にとって特別な高座だから。体調面を考えたら休演するに越したことはないわけで、演じるとなれば、師匠の執念以外の何ものでもない」(演芸関係者)。

 国立演芸場の「8月中席」のトリは1982年から30年以上、歌丸師匠が務めている。そして演目は、大長編である三遊亭円朝の怪談噺に挑むのが恒例だというが、果たして、今の体調で高座に上がれるのか。同演芸場に問い合わせてみると、「今のところ出演予定です」(営業担当者)。昨2日からは前売り券の販売も始まり、演目が未定の中でも団体客の予約をはじめ、好調な売れ行きだという。さる演芸ライターがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る