• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“上方の爆笑王”落語家・桂雀々さんが語る壮絶「極貧生活」

 東京へ拠点を移して4年目。“上方の爆笑王”の異名を持つ、売れっ子落語家、桂雀々さん(54)は10代の頃、想像を絶する極貧生活を送っていた――。

「おまえ、あす生活する金あらへんやろ? 電気代払う金もあらへんやろ? 少ないけど、とっとけ」

 こう言うとね、オトンのつくった借金を取り立てに来た闇金融のオッサンは、財布から1000円札を5枚抜き出し、涙で顔をグシャグシャにしながら、しゃがみこんでるボクの手のひらの中に握らせてくれたんですわ。

 ボクが中学1年、1972年の6月やった。オトンは屋台のうどん屋やってたんやけど、下手の横好きのギャンブル狂でね。ぎょーさん借金こさえとったんですわ。それが原因でオカンが小学6年の4月に蒸発。それで少しは反省するかと思うたら、ますます輪をかけてギャンブルにハマり、しまいには闇金融にも手ぇ出す始末。年中、住んでた市営住宅に怖いオジサンが取り立てに来てました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る