会社員から落語家へ 立川談慶さん語る「二つ目」までの9年半

公開日:  更新日:

 ワコールを退職して立川談志率いる立川流に入門。二つ目昇進まで9年半、真打ちまで5年かかった立川談慶さんの前座暮らしの悲哀……。

 師匠談志の弟子になったのは1991年4月19日でした。

 当時の立川流は厳然とした昇進基準、徒弟制度というのがありまして。まず、見習いからスタートするのですが、「コイツ、使えるな」と思っていただけたら「前座」に。そして「二つ目」になるには、「古典落語50席に三味線、太鼓、かっぽれ、都々逸、長唄などの歌舞音曲」。さらに「真打ち」昇進は「古典落語100席に、二つ目以上に精度の高い歌舞音曲」をマスターし、師匠のお墨付きをいただかなくてはなりません。

 しかも、立川流ならではの上納金制度がありまして、落語家を目指すには、入会金10万円に「見習い・前座・二つ目」は月2万円、「真打ち」は月4万円を師匠に届けなければならない。ノホホンとはしていられないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る