日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上半期は特番5本 TV局が頼るテレサ・テン没後20年の底力

 今年が没後20年の節目だとしても、この回数の多さは、やっぱり人気の証明か。テレサ・テン(享年42)の特番が相次いで放送されている。6日もBS朝日が「没後20年 メモリアル」を放送していたが、ここまで、今年上半期だけですでに5本。6月にBSジャパンが「メモリアルコンサート」、5月にはNHK-BSプレミアム、BSフジ、BSジャパンが特番を組んでいて、2月にもBS朝日が「不滅の歌声」を放送していた。テレビはどうしてそんなにテレサが好きなのか。

「歌の人気はもちろんですが、79年には偽造パスポート事件を起こしたり、42歳での急死もナゾに満ちている。さらに真偽不明のスパイ説まで飛び交っていて、特番として作りやすいこともあるでしょう」(テレビ関係者)

 たしかにミステリアスではあるが、なにしろ没後20年だ。今さら新事実が出るわけもない。やはり、歌の力ということか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事