“インスタ戦略”奏功 優木まおみがママタレ界でじわり頭角

公開日:  更新日:

 アイドル時代のキャッチフレーズ“エロかしこい”は、いまや“ママかしこい”に進化していた。

 タレントの優木まおみ(35)が7日、投稿された写真に気になるアイテムがあれば、そのままピックアップし購入できるショッピングアプリ「WONDERFULL」の発表会に出席。最近の買い物は「子供のことばっかり」だそうで、昨年4月に出産した第1子の長女について、「立って歩きだしてから、靴だったり、靴下だったりと、アイテムがさらに増えて来たんです。歩くようになったことによって、帽子とかも似合うようになって」などと笑顔で語った。

 また優木はイベントで、海外のブロガーがブログで紹介した子供用アイテムを手に入れようと、現地のショップに問い合わせた過去も告白。「海外のモノだと他の人と被らないので、ちょっと人と差をつけたいときにいい」と、子ども服への強いこだわりも見せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る