年齢経歴未公開 植松晃士が「おブス」判定でも嫌われない秘密

公開日: 更新日:

 すでに数々のブランドをプロデュースし、テレビ、ラジオ、雑誌やブログなどあらゆるメディアで発信を続けてきたが、年齢や経歴もほとんど公開していない。ネットでは、オネエキャラは演じているだけの既婚者とか、整形疑惑など、さまざまな陰口が流されているが、すべて根拠のない勝手な推測記事。

「自分でプロデュースした小物や服などを販売しているけど、どれもさほど高級路線ではない。一般の主婦でも手が出るおしゃれを意識していますね。一般女性のおしゃれをボトムアップさせるという明確な方向性がある。そこが人気の秘密でしょう」(アパレル関係者)

 オネエ系タレントにも派閥があり、植松はIKKOが率いる「IKKO会」に属する。どちらかといえばセレブな自宅公開も喜んでするグループだが、植松はそれらを一切しない。

「数年前には自分の会社の売り上げだけで3億円近くあったといわれています。今年の初めには“この年になったら可能な限りなんでもやりたい”と雑誌で話していたので、たぶんイベント出演料などでさらに収入は増えているはず。負けず嫌いなところがあるので、同じ派閥のIKKOや假屋崎に負けているのが嫌で見せないのかもしれません」(テレビ関係者)

 オネエ稼業が想像以上に儲かることだけは間違いなさそう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    教諭体制は日本一も…“国公立の雄”筑波大付属小の落とし穴

  9. 9

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る