• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

又吉と同居中のパンサー向井 受賞前と比べて「会うと緊張感」

「いないヤツの話でこんなに盛り上がる!?」――。20日、こう嘆いたのは「スティッチ~パンサーデザインアイテム~」の発売イベントに登場した「ピース」綾部祐二(37)。

「いないヤツ」とは「第153回芥川賞」を受賞し、“時の人”となった相方の又吉直樹のこと。開口一番、「(又吉)センセイはお忙しいんだよ! だからアシスタントの私が来たんだ!」と絶叫した。

 イベントに又吉と同居中の「パンサー」向井慧(29)や「ジューシーズ」児玉智洋(35)も登場したため“又吉一色”で、向井が「今日の朝も(家の)洗面所で会ったけど、(受賞前より)緊張感は増した。……ちょっと出てってくんねえかなあ」とボヤくと、予想される巨額の印税をネタに綾部が「又吉センセイがマンションを1棟ずつ(同居人2人に)買ってくださるから」とイジっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る