又吉と同居中のパンサー向井 受賞前と比べて「会うと緊張感」

公開日:  更新日:

「いないヤツの話でこんなに盛り上がる!?」――。20日、こう嘆いたのは「スティッチ~パンサーデザインアイテム~」の発売イベントに登場した「ピース」綾部祐二(37)。

「いないヤツ」とは「第153回芥川賞」を受賞し、“時の人”となった相方の又吉直樹のこと。開口一番、「(又吉)センセイはお忙しいんだよ! だからアシスタントの私が来たんだ!」と絶叫した。

 イベントに又吉と同居中の「パンサー」向井慧(29)や「ジューシーズ」児玉智洋(35)も登場したため“又吉一色”で、向井が「今日の朝も(家の)洗面所で会ったけど、(受賞前より)緊張感は増した。……ちょっと出てってくんねえかなあ」とボヤくと、予想される巨額の印税をネタに綾部が「又吉センセイがマンションを1棟ずつ(同居人2人に)買ってくださるから」とイジっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る