10カ月ぶり活動再開 上原多香子が描く“本格女優”への道

公開日:  更新日:

「もともとの美形を取り戻し、さらに三十路の色気が出てきて、いい感じ」などと、芸能マスコミが噂しているのが、SPEEDの上原多香子(32)。23日、肝炎検査の啓発イベントに姿をみせ、昨年9月にミュージシャンの夫を亡くして以来、10カ月ぶりに活動を再スタートさせた。

「この10カ月は憔悴し落胆し、何も手につかないほどだったそうですが、完全に活動休止にしたことで徐々に元気を取り戻し、亡き夫と暮らしていた大阪から東京へと、戻ってきたそうです。義父母らとの関係も良好で、温かい言葉をもらっているらしく、また芸能界でやっていこうという気持ちになったのでしょう」(スポーツ紙芸能記者)

 ただし、またSPEEDとしてステージで踊ったりするのかというと、そうでもないらしい。音楽関係者が言う。

「再結成し、活動再開ということになっていますが、メンバーの新垣仁絵が一般男性との結婚を機に所属事務所を辞め、沖縄に帰ってしまい、事実上の解散状態なんです。4人揃っても、かつての勢いは取り戻せず、売り上げもパッとしませんでしたし、今は今井絵理子と島袋寛子がユニットを組み、大人向けの楽曲をリリースする予定。上原はSPEEDで、不仲だった今井と島袋の橋渡し役をしていましたけど、ユニットに加わるということはないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る